トップ > トラブル解決・未解決 > 壊れたハードディスク

NEC−LM50の壊れたハードディスク

NEC−LM50に換装した40Gバイトのハードディスクが動作しなくなった。(ちょっと時間が経過しているので、一部書いていることが間違っている内容があるかも知れません。ごめんなさい)

ノートパソコンNEC−LM50が非常に動作が遅くってきた。セレロンの500MHzじゃXPインストールしただけでもかなりきつい。そのそろ世代交代かなと思いつつも、それなりに動いていたので使っていたが、ノートンインターネットセキュリティーやノートンシステムワークスをインストールしてからさらに遅くなり始めた。

その日は、あまりの遅さに、ついに切れてしまい、ノートパソコンを思いっきり叩いてしまったのだ。叩いてから、とんでもないことをしてしまったと後悔したものの、怒りはおさまったのでよしとしよう。
しばらくは、問題ないように動作していたが、10分位してからであろうか、Outlookを開いてメールをチェックしようとしたときである。XPになってからチェックディスクなどでしか見ない(これを体験するまでは、XPでは見たことがありませんでした)、あの汚いギザギザフォントでなにやら表示してシステムが止まった。ブルースクリーンというやつだ。

この段階ではハードディスクにダメージを受けていることなど考えてもみなかった。
XPを再起動、特に問題なく起動を開始した。ようこそのログイン画面が表示されパスワードを入力しようと思ったときだ、突然画面が青くなりシステムが停止したことを示すブルースクリーンが表示された。この時点でエラーの内容からファイルの読み書きが正常に行われないことによるシステム停止とわかった。

あせった。

最近バックアップを取っていなかったため、データが全て消えてしまう。再度、起動させてみた。今度はログイン画面が表示される前にブルースクリーンとなってしまった。こんなことを何度も繰り返し、何度再起動してもOSが起動してくれないことにさらにあせった。
ためしにセーフモードで立ち上げてみた。問題なく起動する。データドライブを確認してみる。読めた。特にデータ自体は問題はないようだ。OSがインストールされているドライブが壊れたようだ。データディスクはパーティションを分けていたのでデータドライブは助かったようだ。一安心。

チェックディスクを試みてみた。するとなんということか、ある程度進むと壊れたセクタが読み書きできないとエラーがバカバカ出てきた。数時間そのままにしていても、チェックディスクが終了する気配がない。
こんなことで無駄な一日を費やして、その日はあきらめた、われながらあきらめるのは早い方である。

しかし、あきらめることはできなかった、私の小遣いでは、新しいハードディスクを購入することができないのである。何とか復活させなくては。。。

データを保存しているパーティションのチェックをしたところ問題ないようだ。そこで一気に壊れているパーティションをフォーマットしてみた。あるセクタに来るとフォーマットがとまってしまう。でも叩いたのは一瞬なので、壊れた範囲はこのセクタ付近のはず、さらに都合のいいことに、かなり先頭部分であった。

先頭から1Gバイト分はブランクにして、1Gから先を基本パーティションとして取り直した。フォーマットしてみるとすんなりいくではないですか。早速XPをインストールし直してみたところ、正常に起動するようになりました。

壊れたセクタが大体わかれば、その部分を使わないようにパーティションを切りなおせば、使用できるようになりますので、このような経験した人は是非試してみてください。

結局この後で80Gバイトのハードディスクに換装しちゃいましたが、この40GハードディスクはUSBハードディスクとして今でも使っています。

最終更新日
2006年5月10日
このページは情報収集に役にたちましたか?
まったく役にたたない もう少し情報が必要 とても役にたった
Powered by ahref.org

■このページにコメントする  (C) コメントBBS

お名前
コメント
・コメントは全角で500文字までです。
・不適切なコメントは削除させていただきます。
Cookieに保存しない  


−このページへのコメント−

前のページに戻る 先頭に戻る