トップ > マイホーム > 不動産用語集 > 不動産用語集(な行)

初心者レベルの不動産用語集(な行)

のり地(のりち)
実際にそのままでは、宅地として使用できない傾斜面などのことをのり地(法地)といいます。のり面(法面)ともいいます。
都内で90坪の土地が2000万以下ということで、物件を見に行ったら、高い雍壁の上になんと「のり地」が半分以上。びっくりです。傾斜面を削るのにお金がかかりそうなのでやめました。

延ぺ床面積(のべゆかめんせき)
各階の床面積を合計した面積のこと。
ミサワホームの蔵や住友不動産のビッグ収納などは地域によっては延べ床面積には含まれない場合があります。屋根のない中庭(パティオ等)も延べ床面積に含まれません。なお、延べ床面積÷土地の面積が容積率となります。
延べ床面積は、この容積率を割り出すために使いますが、通常、建築費用は施工面積で計算を行いますので注意が必要です。
ちなみに、住友不動産は施工面積で計算するようですが、ある展示場で見積もりをもらったときに、ビッグ収納部分が述べ床面積に含まれない場合には、その分は費用がかからないという営業担当者もいました。なんでだろう(?_?)
最終更新日
2006年6月29日
このページは情報収集に役にたちましたか?
まったく役にたたない もう少し情報が必要 とても役にたった
Powered by ahref.org
前のページに戻る 先頭に戻る