はじめに(なんといっても予算)

まず、気になるのが、いくらかかるのか?と、いったところでしょう。
ハウスメーカーに行くとまずは「予算はいくらですか?」と聞かれるはずです。現金が有り余っているお金持ちなら関係ないかも知れませんが、普通の人はたぶんローンを組むことになると思います。
今の給料や家賃の支払い額等から月々いくら程度なら返していけるかを考えて大体の額は見えていると思いますが、「予算」といわれても有り余るお金を持っているわけでもなく、どの程度の家や土地で、トータルでいくらかかるのかわからないのに予算なんていわれてもピンとこないはずです。
まあ、「借りれる額と返せる額は別物」といわれているとおり、無理のない返済額が予算となるはずですが。。。
しかし、不動産は生きている間に何度も買えるわけではなく、買うならできるだけ自分の理想の家を建ててみたいと思うのは私だけでしょうか?
理想は高いですが、やはりお金、最大いくら程度なら月々のローン(ローン期間を最長で借りると、借り入れ額の半分以上の利息がかかります。)を支払えるか等を家族と十分に相談して決めましょう。子供の学費や家の修復費、さらに毎年の税金、老後の資金等なども考える必要があります。Microsoft Moneyを使えば、これらをシュミレーションすることができますので、便利ですので使ってみてはいかがでしょうか。

なお、ローンの返済額だけであれは、ローンシュミレーターなど、ネットを検索すると無料で使える便利なソフトがありますので、そちらを使ってみることをおすすめします。ただ、金利は先が読めないので、参考程度にしかつかえないかもしれませんが、超長期固定一本でローンを組むような場合であれば、将来設計が見えてくると思います。

土地から探してローンを考えてる方はお早めに

既に所有している土地に家を建てる場合や土地は現金で購入して建物を建てるという人は特に問題ありませんが、土地から探して建物を建てる場合は、土地が決まると忙しくなります。通常、住宅ローンなどでは土地だけではローンを組むことができないからです。建物込みで初めてローンを組むことができるのです。
土地が決まって契約しても建物が決まっていないとローンは実行されません。そうすると建物を早く決めなくてはなりません。ただ、自由設計で建てるのですから、建物はじっくり検討したいところです。
そうならないためにも、ある程度自分で考えている間取りはハウスメーカーで事前に決めておけば、このあたりはスムーズに進みます。土地からお探しの方は、土地探しと同時にハウスメーカーもある程度決めておいたほうがよさそうです。

<< 参考モデル − >> 目次 << − ハウスメーカー >>
最終更新日
2006年8月8日
このページは情報収集に役にたちましたか?
まったく役にたたない もう少し情報が必要 とても役にたった
Powered by ahref.org

■このページにコメントする  (C) コメントBBS

お名前
コメント
・コメントは全角で500文字までです。
・不適切なコメントは削除させていただきます。
Cookieに保存しない  


−このページへのコメント−

前のページに戻る 先頭に戻る